「超」整理手帳の活用

かなり前に書いた、「超」整理手帳カバーの関連で、いまだにきて頂いているみたいなので、最近の使い方をまとめてみようと思う。

Hi390037
これが、最近の僕の手帳の外観です。国立商店製ライトデューティー「超」整理手帳カバーを使い。幅2cmぐらいのゴムのバンドをしています。ゴムは布ゴムで、これで、カパっと開いたりしない様に止めています。いちいち手帳に開くのに面倒では有るのですが、写真のように、いろいろ挟んでも大丈夫なので、そのままに利用しています。特にペン類はマーカーとか、持ちたいときに別にペンケースを持たなくてもいいので重宝しています。

Hi390038 次に見開きすぐのところ、ここには、名刺とポストイットだけが入っています。右側の手帳部分には、直接書かれたり、今は張ってないけど、ポストイットの掲示場所になります。

Hi390042

手帳のスケジュール部分ですが、真ん中にゴミヒモが入ってます。これは、女性が髪の毛を束ねるためのモノを適当な長さに切って輪にしています。これを挟み込んでおくことにより、該当箇所がすぐに開けられるのと、さらに、ここに必要なA4の書類なんかを挟むこともあります。これも便利ですよ。(僕の場合はプロジェクトの進捗表なんかはここです。)

Hi390039_2

それからTODOリスト、僕は一ページの半分から2/3ぐらい終わるとページそのものを切り取ってしまっています。それにより、残りを次のページに転記することにより、再認識と重要度によっては破棄と言う感じで振り分けています。方眼紙も入れていて、こっちはメモとか議事録をとるとか、普通に使っています。予備のページを入れておかないとちょっと心配なぐらい使うかな。

Hi390041最後のところは、カレンダーと普段はほとんど使わないけど、もってないと困る書類。業者や部下の緊急の連絡先を印刷したものを入れています。

決して、これが、最高の使い方と思っていませんし、もし、iPhoneの様に簡単にマックと動機が取れて日本語入力も簡単な、デバイスが出てきたらそっちに行くかもしれません。でも紙には紙の良さがあって、スピーディに出せて予定を確認できる。手帳には必須の機能がその手のガジェットを大きく上回っているのが現状。とりあえずは、このまま、この超整理手帳を使っていこうと思うし、人にも安心して勧められる。参考になりましたでしょうか?

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です