Acorns True Imageは、最高の裏方。

スクリーンショット 2015-10-06 3.36.15

初めて、このソフトに出会ったのは、6月に開催された、AUGM三重である、初めて聞くソフトウエアベンダーで、聞けば、Windowsソフトベンダーとしては、老舗ですが、Macには、初のソフトということで、紹介されたのが、このAcorns True Image Cloudです。マックには、標準のバックアップソフトウエアとしてTimeMachineがありますので、ずいぶんな挑戦というところでしょう。

今回、機会があり、このソフトウエアの試用ライセンスを頂きましたので、ここ一月ほどつかてみたので感想です。機能的な部分の紹介は、本家サイトに任せて、僕が個人的に使っていて、気に入ったとこと、気になったところ、今後どう使っていくつもりであるかを書きたいと思います。

まず、利用環境の紹介です。僕の利用マシンは、iMac Retina 5Kディスプレイモデルで内蔵Diskは3GBです。これに普段は使わないけど置いておきたい過去のログなどのファイルを入れた外付けHD2TBの合計5TBがバックアップの対象です。もちろん中身的にはフルで使ってないので、3.3TBなのですが、それでも普通にTime Machineにバックアップするには、そろそろ限界が来ていました。

そこで、このAcorns True Image Cloudです。インストールは簡単で、イメージをマウントしてアプリケーションフォルダにドロップするだけ。設定もdiskを指定してバックアップ時間をしてするだけという簡単さです。そして、、、何より、静かです。TimeMachineは常にガリガリとDiskが動いている感じがありますが、このソフトはクラウドへのバックアップなのとiMacで普段更新される部分はSSD相当のハイブリットHDなので、静かです。僕の中では、バックアップソフトは空気で有るべきと思っているので、好印象でした。その証拠に、僕はこのソフトを使いだしてから、TimeMachineを止めてしまいました。

でもバックアップで不満がないわけではないのです。TimeMachineのようにメニューバーからの状態確認がないことです。アプリケーション画面を立ち上げないと最後のバックアップが何時なのかすらわかりません、この部分はどこまでアプリを信用するかなんですが、ちょっと不安になる部分です。
スクリーンショット 2015-10-07 4.11.43次に、リカバリーですが、これは、ファイル単位のリカバリーとシステム単位に丸々のリカバリーがあります。まぁ当たり前です。ファイル単位のリカバリーは、クラウドシステムらしくWEBアクセスベースです。それはいいのですが、設計思想がちょっとマックではないのか、考え方なのかすべて見えます。OSXから見た場合の隠しファイルの類は、見えない方がいいのではないんでしょうか?もちろん、いざとなったらそのファイルを戻すこともあるので、見えるモードも必要とは思いますが、ファイル単位のリカバリーは個人が作成したファイルが重になると思うので余計な情報だと思います。全くの素人さんは、これ見て自分が欲しいファイルがどこにあるのか途方にくれると思うよ。

スクリーンショット 2015-10-07 4.19.34システム単位のリカバリは、ハードが故障した時になど、新しいハードを用意してそれにそのまま戻すことができます。USBメモリを用意してレスキューメディアという起動用のUSBメモリを作成できます。ここから起動することができるので、別のマックに復元することができるようです。残念ながら(幸いなことに)この機能を評価する機会に恵まれていませんので、この機能についての評価は避けますが、期待できそうです。

スクリーンショット 2015-10-07 4.28.25最後に、使っていないのですが、自分のHDの容量を確保するためにAcorns Cloudにファイルを移動させることができます。この機能はアーカイブと呼ばれて、ローカルにファイルを起きたいくない場合などは、重宝するようです。左のようにファイルを指定してアーカイブすれば、クラウドにアップしたあと削除されます。

いろいろ書いてきましたが、このソフトウエアは1コンピューターと3デバイス(iphoneなども対応)で年間9980円というお値段です。もちろん、その中に無制限のクラウドを利用する料金も入っています。僕は試用期間終了後は、登録しようと思います。

この記事を読んだ方で、バックアップの重要性を認識している方はぜひお試しください。で、中の人は、ぜひ、僕が指摘した部分は改良をお願いします。基本的は使い続けたいと思う素晴らしいソフトです、が、ところどころマックユーザーに対する優しさが足りないと思いますよ。

カテゴリー: Apple, Mac, レビュー | タグ: , , , | コメントをどうぞ

迫力のPL花火大会でした。

近鉄喜志駅付近にマンションを借りたので、今年はPL花火(正式名称:教祖祭PL花火芸術)を堪能してきました。
お昼過ぎにマンションに入って、クーラーの効いた部屋で、ゆっくりと寝て始まるのを待つという贅沢をさせていただきました。
マンションの窓からの打ち上げ場所がきちんと見えるかがちょっと不安だったのですが、8時を少し過ぎて始まった花火は、予想どおり、少し顔を出せば真ん前に見えるというベスポジ。
噂では、人が多すぎて電車で帰れ無い人も出るというPL花火、関西の人気花火大会ランキング:第1位の花火は、すごかったです。
花火が上がる振動で、車の振動完治の盗難防止装置が反応してアラームがなるというすごさです。
下の動画は、最後のスターマインです。絶対ここでしか見れ無いと思うは区力ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 日記・コラム・つぶやき | コメントをどうぞ

夏のUSJのお楽しみ、ウォーターサプライズパーティー。

夏のテーマパークの定番といえば、ここ10年ぐらいは、お水をかけてくれるパレードやショーです。以前はそこまでではなかったと思うんだけど、最近は全身ずぶ濡れが当たり前になってきています。そしてUSJでも、ずぶ濡れになれる、ウォーターサプライズパーティーが始まっています。
夏の暑い中で、水浴びするのは、最高です。今年は今話題のミニオンが一緒に盛り上げてくれます。
お水は、キャストもお客さんも水鉄砲を持ってるので、どこから来るかわかりませんので、水対策は必須です。
もちろん、カメラや携帯はやらないとね。ということで、今回は、iPhone6PLUSにCATALYSTの防水ケースを装着しての水対策を行いウォーターサプライズパーティーに参戦します。ミニオンが良く見える舞台の前に陣取ります。
そして撮った動画がこちら、ミニオンが出てきてのクライマックスの放水シーンです。
なんどもミニオンの放水がiPhoneに当たっているのがわかります。

そして、ずぶ濡れに。。。でももちろんiPhoneは無事に撮影できています。普段からこれにいれっぱということは無いけど、防水対策としてはこれから夏のシーンで活躍すると思います。

カテゴリー: ユニバーサルスタジオ | コメントをどうぞ

USJでの大好きなショー。フラッシュ・バンド・ビート2015

USJに行く目的の一つに、大好きで元気がもらえるショーがあります。

IMG_7839特に、このフラッシュ・バンド・ビートは、昨年までサプライズショーの扱いで、場所はきまってるけど、開催時間も、開催そのものがあるのかもわからなかったのです。

今年は、満を持して通常のストリートショーに格上げ、雨が降らない限り待ってれば見れます。楽しくて元気がもらえて、踊り出せるショーです。

ユニバーサルスタジオジャパンに、ライドを乗りに行くのも、大賛成だけど、ぜひぜひ、こういった人間味のあるショーを見ていってね。このショー、サプライズがいっぱいで、わーぁーって言えますよ。

あと、下の動画は、この時に、iphoneを地面付近においてクリップオンの魚眼レンズ、リッチマンレンズで撮ったものです。これをみちゃうとサプライズがへっちゃうので、行く予定のある人はみないほうがいいかも。


カテゴリー: ユニバーサルスタジオ | コメントをどうぞ

最後の講演はファイルメーカーさん

ファイルメーカー14の紹介

様々なプラットフォームから同じようにアクセスができるので、わりやすそう。

mactreeもかつてはファイルメーカーで構築されていたのが懐かしいです。

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

AUGM鹿児島 AdobeCC

新しいAdobeCC 2015の紹介

イラストレーター2015の新機能の紹介

なんと自動保存機能の実装による、問題発生時のリカバリーって、今更?

そして、Photoshopの霞時余機能の紹介。

ほか。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

EURO Styleさんの製品紹介

次はEUROStyleさんの製品紹介、いつもながら、ここのクリーニングクロスはよくとれます

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

そして、CHEEROのお父さん

製品紹介で、こんなにお腹を抱えて笑うブレゼンは珍しいです。

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

次はイラストレーターの大寺さんの講演です。

OSHIKAKEデザイン鹿児島の活動報告ほか

考えもしなかった、押しかけて街をデザインで活性化する活動でいいのかな?

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

次はアクロニスジャパンさん

三重に、続いてアクロニスさんです。今、新しくMac用のバッツアッブソリューションの紹介。

  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ