MacBookPro修理顛末記

手元にマイメインマックが帰ってきたので、その故障状況と修理の顛末をまとめておこうと思います。
まず、最初の現象は、起動時に画面がおかしくなる、ピンク色の格子柄に、、、

R0011091.JPG IMG_0116.JPG

暫くすると、再起動を促してきますが、また同じという繰り返し、その後、ターゲットモードでの軌道には成功するが、まぁ、時間の問題でした。真っ暗になって完全停止状態で、あきらめていったん、別環境で通常業務をこなせるように構築。こんなときは、予備のマックがあると便利ですね。

アップルストア心斎橋ジーニアスバーに持ち込む為に、予約を試みるも、この時点で当日(日曜日)は満員御礼。翌水曜日まで、持ち込めませんでしたが、、、この質問も、障害も、一つの予約テーブルというのはなんとかならないかなぁ、、、とおもいつつ、まぁ、対面で相談できるのは安心なので、我慢します。

持ち込むと、ジーニアスによる診断が、始まります。このときに症状の再現している画像を持ち込んだのは正解だったようで、話が早かったです。いろいろテストしても、結局反応なしで、預かっての修理に、、、

img018.jpgおそらくロジックボードの障害ですということと、NVIDIAリコールの該当品で、その部分だったら、無料でなおるけど、それ以外だったら49000円というもの。見積書にサインして、その日は終了、この時点ではだいたい一週間ぐらいかかる旨の説明あり。

その後、よく月曜日に、アップルストアから修理完了の電話がはいり、結局火曜日に取りにいきました。

回収に行ったときには、きちんと目の前で動作確認していただき修理箇所の説明がありました。やはり今回は、有償となりましたが、まぁ、修理箇所を考えれば安い?でも、アップルストアで、持ち込んで目の前で、問題を確認してもらい、対応してくれるのは助かりますね。結局障害発生から、10日目に手元に戻ってきたことになります。

img020.jpg

カテゴリー: Mac   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です