iPhoneにストラップを付ける(僕の場合)

ASCIIに掲載されていた、「新常識「iPhoneにストラップは付けられる」」に触発されて、紹介してみることに、、、

iPhoneにストラップを付ける(僕の場合)、以前は、ストラップのために、ケースに入れていた僕なんですが、やはりiPhoneは見栄えも大切。せっかく綺麗にデザインされたボディを見せないのは寂しい。

で、3GSに変えたのを機会に、おもっきり薄い定番中の定番のAirジャケットセット for iPhone 3G を購入。メーカーが売り文句にしている。「iPhoneに傷がつくのはいやだけど、できれば何も付けたくない」という方にというコンセプトが気に入っての乗り換えです。

さて、困ったのが、ストラップ。スマートにもてるようになったのはいいけど、ストラップを付ける場所はどうするかなぁ、、、以前、ボリュームとマナースイッチのところに付けてる人を見たので、ああ、ジャケット側に付けるというのも手だなと、、、

さっそく、電気ドリルで、上の真ん中に穴を開けてストラップを通してみました。ばっちりです。重さ的にも、まぁ、普通に持ち上げたり、振られても、Airジャケットが外れたりすることはありませんでした。中央上部に穴を開けているのは、ここに荷重がかかる訳ですから、その分散のためです。ここか、中央下部と選択肢がありましたが、今回はこっちに、、、写真を撮るときに少し注意が必要です。

R0011010.jpg R0011013.JPG

で、すでに一ヶ月以上この状態で持ち歩いているけど、ジーパンのお尻のポケットから、このストラップをもって、引っ張り出しても問題ないし、十分に強度はあると思います。が、、、、、がぁ、、、、メーカーが想定している使い方ではありません。すでにイベント等で、紹介して、真似されている方もおられますが、いきなり外れて落ちても知らないよーということで、オウンリスクでお願いします。

カテゴリー: iPhone   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

iPhoneにストラップを付ける(僕の場合) への5件のコメント

  1. cricket より:

    こんにちは。いつも楽しく読ませていただいております。
    私もAirジャケットに穴をあけてストラップを付けていますが、私の場合は、左上の角に2カ所穴をあけてあります。
    球面状になっているので強度が高いのではという推測によるのですが、3G時代から問題無く使用できています。
    ちなみにドリルはダイソーで買った200円のものでした。
    さすがに振り回したりする勇気はないですが(*^-^)

  2. you より:

    ストラップがあった方が便利ですが、iPhoneの洗練されたデザインにマッチするストラップが無いですね。

  3. 横田 拳 より:

    iPhoneの洗練されたデザインにマッチすべくストラップを開発いたしました。
    8月1日からサービスを開始いたしますので。まだHPは完成版ではありませんが、皆様のご意見を頂きながら更に良い製品を送り出すことが出来れば幸いです。
    http://www.poddities.jp

  4. すとらっぷ より:

    こういう↓のもあります
    http://www.aisance.jp/strap.html
    つけている感じはこんな↓様子です
    http://katzho.blog.so-net.ne.jp/2009-02-01
    なかなか秀逸ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です