Macクーロンのお話

現在、MacOSが走るマシンを買いたいと思った場合、普通は、アップル社のマックを買うんだと思うんですが、、、
世の中には、変わった会社がありまして、ある程度のリスクを冒してでも、自分たちで作って売ろうというところがあります。
今、話題にあがっているのは3社、、、、3社目がつい先日、ロシアでRussianMac社が売り出し始めました。
ほかに、ドイツのPearC社と一番最初に話題になった、Psystar社がありますね。
Psystar社とアップルの間には、現在も法廷闘争があるということで、、、アップルが許可していないものを買うリスクを冒しても、グレーな、クーロン機を買うという人がいるのが不思議です。
気になったクーロン関係の記事
新たなMacクローンメーカー、ロシアから登場
Macクローンの衝撃から1年–Psystarのこれまでとこれから
米連邦地裁、Psystarに「著作権乱用」による反訴継続を認める
PsystarのMacクローンを買ってはいけない7つの理由

カテゴリー: Mac   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です